ほとりオーナーの
「京都散歩」

3月 お花のお稽古 The dainty beauty of plum blossoms

2022.03.16

お花のお稽古。3月は紅白の梅とやぶ椿、そして菜の花。

梅は、希望と生気あふれる十代の少女のイメージを持って入れるようにと教わります。

空に向かって真っすぐしなやかに伸びる、瑞々しく柔らかい枝。

小さく可憐なつぼみを開くタイミングを待つ姿

どこか同年代の娘と重なり、まぶしい気持ちになります。

春の風が暖かい日だったので、お稽古の間もどんどんつぼみがふくらんでいました。

素敵な男性社中さんがふるまってくださった、奈良の満々堂通則さんの「糊こぼし」

(可愛すぎる!)

2月~3月中旬、ほんの短い期間しかいただけないそうです。

I went to practice of Ikebana.

The flowers for March are bush camellia, rape blossoms, and plum blossoms.
I was taught that when decorating with plum blossoms, one should imagine a teenage girl.
The branches grow straight and vigorously toward the sky.
The strong, soft branches and the many small dainty flowers remind me of my teenage daughter.

It was warm that day, so the flower buds were swelling more and more during the practice.

In between practice sessions, we were given cute Japanese sweets in the shape of camellia.

「京都散歩」 最新記事

「京都散歩」 バックナンバー

記事カテゴリー

PAGETOP