ほとりオーナーの
「京都散歩」

松之助 パイとパンケーキと読書の時間

2022.01.24

大好きな松之助さんへ、アップルパイを買いに。

パイを包んでもらうレジの横、オーナーの平野顕子さんの新刊が目にとまりました。

「やってみはったら!」

素敵な装丁と、表紙のコピー。

「専業主婦から、45歳での離婚、留学、料理の仕事」

「そして60代からのニューヨーク再婚ライフ」

これは興味むくむく。

アップルパイに追加で本も連れて帰ることに。

おもしろくて一気読み、おいしい楽しい読書タイムとなりました。

ほとりには本を読むための小さなライブラリー的なスペースがあるのですが

「バックグラウンドを知ってから訪れると、もっと楽しい」

そんな信条(…というほど大げさなものではないですが) をテーマに並べる本を選んでます。

ほとりに泊まった夜は京都のお店のオーナーさんたちのエッセイを読んだり

京都を舞台にした物語の世界にどっぷり浸って

翌日、現地に足を運んで「これがあの本に書いてあったアレかぁ」…

なんて、そんな楽しみ方をしていただけたら何よりです。

私ランキング、京都パンケーキ部門1位の松之助

京都旅行の和食の合間にぜひ。

PAGETOP